本文へ移動する

すまいるプラスロゴ

くらし・行政情報

文字サイズ
背景色変更
MENU

TEL:0155-62-9720

庁舎開庁時間 8時45分~17時30分

文字サイズ

背景

役場からの情報

現在地

  • 平成 30 年度介護保険制度改正について

更新日:2020年02月06日

介護保険制度は、3 年毎に制度改正が行われています。 
平成 30 年度は介護保険制度改正の年となり、4 月以降に様々な改正が予定されています。
今回は5つの改正の概要をお知らせします

1.介護報酬の改定(平成 30 年 4 月から)

平成 30 年度に国が定める介護報酬が改定されます。
サービスごとに定められた報酬額が変わります(平均改定率は+0.54%)。 
この改定により介護サービスを利用する際の負担額も変わります。 

2.介護保険料の改定(平成 30 年 4 月から) 

平成 30 年度は、3 年に一度の介護保険料改定の年となっており、介護保険の財源の負担割 合についても第 1 号被保険者の負担割合が 22%から 23%へ引き上げらました。 
本町においては12段階の多段階化を図り、所得水準に応じてきめ細かな保険料設定を行い、 平成 30 年度から平成 32 年度までの介護保険料を以下のとおり改定しました。

平成 30 年度から平成 32 年度まで 介護保険料基準月額 6,040 円
(平成 27 年度から平成 29 年度まで 介護保険料基準月額 5,610 円)

3.介護医療院・共生型サービスの開始(平成 30 年 4 月から)

平成 30 年度より、介護医療院と共生型サービスが創設されました。
介護医療院では、主に長期的に療養が必要な要介護者に対して、療養上の管理のもとで介 護や機能訓練を行うことを目的としています。 
共生型サービスとは、介護保険法、障がい者総合支援法、児童福祉法にまたがって共生型サ ービスが開始され、介護保険サービスと障害福祉サービスを一体的に利用できるようにな ります。 

4.一定以上所得者の利用者負担の見直し(平成 30 年 8 月から)

現在、介護サービスを利用した際、サービス利用料の 1 割または 2 割を利用者負担として 負担いただいています。 
制度改正により平成 30 年 8 月以降は、利用者負担が 2 割の人の中でも特に所得の高い人 については 3 割負担となります。 
要支援・要介護認定を受けている被保険者の方につきまして、全員に各自の負担割合(1 割、2 割または 3 割)を記載した「介護保険負担割合証」を送付いたします。

それぞれの割合の条件
負担割合
年金収入等 340 万円以上 2割 → 3割
年金収入 280 万円以上 2割
年金収入 280 万円未満 1割

5.高額介護合算療養費制度の見直し(平成 30 年 8 月から)

高額介護合算療養費制度とは、医療保険と介護保険における1年間(毎年 8 月 1 日~翌年 7 月 31 日)の自己負担の合算額が高額な場合に、さらに負担を軽減する制度。 
 現役並み所得者について現役世代と同様に、細分化した上で限度額を引き上げました。

高額介護合算療養費制度の見直し(細分化された項目)
【現行】 【平成 30 年 8 月~】



細分化
70 歳以上 70 歳以上 70 歳未満

現役並み
(年収 370 万円~)


67 万円
年収 1,160 万円~ 212 万円 212 万円
年収 770 万円~1,160 万
141 万円 141 万円
年収 370 万円~770 万円 67 万円 67 万円
高額介護合算療養費制度の見直し(据え置きされた項目)
【現行】 【平成 30 年 8 月~】



据え置き
70 歳以上 70 歳以上 70 歳未満
一般(年収 156 万円~年
収 370 万円)
56 万円 一般(年収 156 万円~年
収 370 万円)
56 万円 60 万円
市町村民税世帯非課税 31 万円 市町村民税世帯非課税 31 万円

34 万円
市町村民税世帯非課税 34 万円
(所得が一定以下)
19 万円 市町村民税世帯非課税
(所得が一定以下)
19 万円

お問い合わせ

芽室町役場 保健福祉課
TEL 0155-62-9724(直通)
〒082-8651 芽室町東2条2丁目14

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

  • お求めの情報は充分掲載されていましたか?
  • ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があれば
ご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

ページ先頭へ戻る